10年後なんてわからない

面接の質問でよくあるものの一つに、「10年後の自分はどうなっていると思いますか」というのがある。

これの模範解答が未だによくわからない

調べてみると、いかにキャリアプランをしっかりと考えているかを聞くための質問らしい。ということは、10年のキャリアプランを具体的に語ると、高評価を得るのだろう。

この質問に対する僕の答えは決まっている。

「死んでるかもしれないのでわかりません」

10年もあったら、途中で重い病気になるかもしれない。事故に遭うかもしれない。事件に巻き込まれるかもしれない。災害に遭うかもしれない。何もかもいやになって自殺してしまうかもしれない。政治情勢が変わって戦争が起きるかもしれない。

死んでるかもしれない。だから、10年後のことはわかりません。

ネガティブな考え方だろうか。

だが、僕にとってこれはネガティブな発想ではない。

死に敬意を払っているのだ。

死は誰も避けることができないうえ、いつ死ぬかをコントロールできない。どれだけ健康に気を使って長生きを試みても、明日トラックが突っ込んでくるかもしれない。

人類は「死なない」も「死んでから生き返る」も達成できていない。死は絶対的なものであり、明らかに人間の手に余るものである。

だから、死ぬ可能性を無視して10年後をお気楽に語ることなど、人の傲慢さ以外の何物でもない。だから僕は、死という絶対者に敬意を払い、こう言うのだ。「10年後は死んでるかもしれません」と。

思えば、これまでほとんど「人生の目標」ってやつを立てたことがないし、計画を立てる人の感覚もよくわからない。

それでもたった一度だけ、「何歳までに」という目標を持ったことがある。

それは、24歳で会社を辞めたときに思った「30歳までは好きなことをする」という目標。

もちろん、「30歳までに死んでしまうかもしれない」は織り込み済みだ。

もし、「30歳までに店を持ちたい」「30歳までに結婚したい」というタイプの目標だと、それを果たすことなく30歳前に死んでしまうとすごい残念な感じだ。

だが、「30歳までは好きなことをする」だと、例えば28歳ぐらいで死んでしまっても、それまでの間は好きなことができていればそれで充分である。

さて、30歳を越えてしまったので、新たな目標を立てなければいけない。

僕にはあこがれている大人がいるので、40歳くらいになるときは、その人たちみたいな生き方をしてたらいいな、と思う。

もちろん、そういった生き方に向かって歩み続けているのであれば、35ぐらいで死んでしまっても、それはそれで構わない。

どこかの偉い人も言っている。明日死ぬように生き、永遠を生きるように学べ、と。

この「永遠を生きるように学べ」というのがミソだ。

要は、人の成長や学習に「完成はない」ということだ。「理想の自分」や「理想の生き方」に近づくためには、生涯かけて学習と成長を続けなければいけない。そこにゴールはない。

ゴールがないのならば、近道も存在しない。

こればっかりは、死をいったん棚に上げて、永遠に生きるつもりで、永遠にに完成しないものをそれでも完成させるつもりで成長し続けるしかない。

その途中で死んでしまったとしても、成長を止めなかったのであればそれはそれでいいと思う。そもそも、はじめから永遠に完成しないのだから、「成長途中で死ぬ」以外のエンディングはあり得ないのだ。

現代人は夢を見れない

夢とは何か。

夜に見る方の夢ではない。「将来の夢」というときの夢の話だ。

夢とは何だろうと考えると、僕は「どんなに達成困難に思えても成し遂げたいこと」だと定義する。要は、「自分へのムチャブリ」だ。

ここでの肝は「どんなに達成困難に思えても」という部分だ。

つまり、「欲望」が「夢」と呼べるようになるには、「達成困難に思える」ことが必要不可欠なのだ。

例えば「オリンピック出場」が夢だとしよう。これは「オリンピックに出場するのは難しい」という前提があるから夢になりうる。もしもオリンピックが、申し込めばだれでも参加できるのであれば、「オリンピック出場」は夢になりえない。

そう考えると、現代人は夢を見づらい。科学や技術の発展で、「達成困難に思える状況」がどんどんなくなっていったからだ。

昔だったら「本物の富士山を見てみたい」というのは夢として成立した。「歩いていく」以外に交通手段がほとんどなく、富士山の近くに住んでいない限り、富士山を生で見る機会なんて一生に一度くらいだったからだ。

今では、飛行機と新幹線とホテル代がまかなえれば富士山は見れる。本当に見るだけでよければ東海道新幹線に乗ったままでも見れる。

科学と技術の発展が、「富士山を見る」ということを「達成困難」ではなくしてしまったのだ。ゆえに、それは夢にはなりえない。

そう考えると、ZOZOTOWNの元社長が月旅行を夢に掲げるのもうなづける。

あれだけお金があると、きっともう「エッフェル塔を見に行く」ぐらいは達成困難でも何でもないのだろう。月旅行はお金があっても達成困難なことだからこそ、元社長さんにはそれが「夢」足りえるのだ。

となると、近未来、宇宙旅行が当たり前なんて時代のお金持ちは大変だ。もう「月旅行」すら夢ではなくなるのだから。銀河の果てまで行くか、タイムマシンに乗るか、はたまた異世界にでも行くか、一度死んで生き帰るか、それくらいでないともはや「夢」とは呼べなくなるかもしれない。

さて、今の若者は夢がない、とよく言われる。当然だ。大人がよってたかって科学技術のレベルをぶち上げてしまった結果、「達成困難な状況」がどんどんなくなっていったのだから。

スティーブ・ジョブズはやたらと尊敬されているが、「人類から『うすい携帯電話を作る』という夢を永遠に奪った男」という見方もできる。まったくもって林檎は罪深い果実だ。

「外国に行ってみたい」とか、「おなか一杯ご飯が食べたい」とか、「雲より高いところに行く」とか、昔は夢足りえたものがどんどん「割と簡単にできる」ようになれば、もう夢とはなりえない。残っているのは「月旅行」のような「今の技術をもってしても困難なこと」である。ところがこれはあまりに困難すぎて、「それでもやりたい」と夢を抱く人はなかなかいない。

「自分の作品を見てほしい」「自分の歌を聴いてほしい」といったたぐいの夢は、ネットを使えば簡単にかなう。

こんな世の中で夢を見ろと言う方が、ムチャブリではないだろうか。

……待てよ。今の社会では「夢を見つけること」自体が困難だとすると、「夢を見つけること」自体が夢となりうるのではないだろうか。

つまり、もし「夢が見つからない……」と悩んでいる人がいるとすれば、

その人は「夢を見つけたいと思っている」「それが困難な状況にある」「それでも夢を見つけたいから悩んでいる」という、夢が夢足りえる条件を満たしている。

だから、「自分の夢を見つけたい」、それは立派な「夢」である。

スケジュール手帳は自分で手作りがおすすめ!

スケジュール手帳を自分で作りました。

その名も「スマート予定表」

略して「スマ表」。なんかどっかで聞いたことのある略称ですね。

このスマ表、あらゆる無駄を排除した、非常に無駄のない作りを心がけています。

とはいえ、「あらゆる無駄」と言ってもあくまでも「僕にとっての無駄」という意味ですが。

そもそも、なぜ市販のスケジュール手帳が無駄が多いのかというと、それは「市販」されているからです。

市販されているから、なるべく多くの人に買ってもらわなければいけない。

人によっては「この機能、無駄だな~」と思う人もいれば「この機能ないのか~」という人もいます。

ですが、なるべく多くの人に買ってもらうには、個々のニーズには対応できない「無難な」ものになってしまいます。

「一般的にあった方がいい機能」ばかりで、「一般的に使わない機能」がない、無難なスケジュール手帳。ですが、「ふつうはいらないかもしれないけど、俺は欲しい機能」とか、「ふつうは使うかもしれないけど、私はいらない機能」といった、個人的なリクエストにこたえることはできません。

なので、「自分にとっての無駄な機能をなくし、自分にとって必要な機能がある」、そんなスケジュール帳を自分で作ることにしました。

それがこれ、「スマ表」!

この「スマ表」はありとあらゆる無駄を排斥して作っているのですが、最大のメリットはこちら。

開いたページが常に「今月」と「今週」になる! という点。

つまり、「ページをめくる」とか「しおりを挟む」みたいなあの無駄な作業をなくしました。

つまりは「過去の予定表」というあの無駄なページを削除したのです。

スケジュール手帳を作るにあたり、「過去の予定表」を見ることがあるかどうか検討したのですが、「警察にアリバイ確認をされたとき」ぐらいしか思い浮かびませんでした。未だかつて、そんな経験はないので、「過去のページ」がない予定表を作ることにしました。

どうすれば常に、開いた見開きが「今の予定」になるのだろうと考えた結果、思いついたのが「紙芝居方式」

つまり、スケジュール手帳のページ1枚1枚をカードにし、紙芝居のように「今月」と「今週」がそれぞれ一番上に来るようにしたのです。

他の月や週の予定を見たり記入したりするときは、紙芝居のように、今見えてるカードの後ろから必要なカードを取り出して、入れ替えればいいのです。見開きの真ん中の部分からカードを取り出せます。ここから出し入れするので、「スマ表」を閉じた状態なら、カードが落下する心配もありません。

右のページは「今週の予定」、左のページは「今月の予定」が書かれています。

カードを挟む紙芝居方式なので、たとえばこんな使い方もできます。

「この日は旅行なんだけど、このスケジュール帳のスペースじゃ、旅行の肯定を書ききれない……」

そんな時は、「今週の予定」のカードとは別に、旅行の肯定に特化したカードを作り、挟めばいいのです。

他にも、全くの白紙を1枚挟んでおけば、メモ用紙として使うこともできます。

そして、使い終わったカードは抜きとって廃棄します。

どうしても過去の記録を残しておきたい人は、データベースに入力するといいでしょう。週に一度、蘇州の行動をパソコンで入力するのも、よい振り返りになるかもしれません。

他にも、この「スマ表」は様々な無駄を排斥しています。

無駄その① スケジュール手帳によくある「このスケジュール手帳の使い方」のページ。

パッと見て使い方がわからないようなスケジュール手帳は、たぶん、役に立ちません。この「使い方」のページ、はっきり言って無駄です。

「スマ表」には「使い方」のページがありません。そもそも、自分で作っておいて使い方がわからない、なんてことはありませんから。

無駄その② 「去年の11月・12月」のページ

なぜあるんだこのページ?

元々スケジュール手帳を持っていて、年が変わるから新しく変える、ってだけだと、このページは無駄なページになります。

なぜなら、去年のスケジュール手帳にも11月・12月のページはあるからです。逆に年末のページがないってスケジュール手帳、ありますか?

なんのためにあるのか、「去年の11月・12月」用のページ。

「スマ表」なら、余分な月のページはいりません。いつだって「今月」から始められます。なんなら、6月とか9月からでも始められます。

無駄その③ 祝日の名前

正直、その日が祝日であることがわかればいいのであって、それが成人の日だろうが、憲法記念日だろうが、体育の日だろうが、どうでもいいことだと思います。

重要なのは、その日が平日なのか、祝日なのか。電車やバスのダイヤはどっちなのか。

「スマ表」では、祝日は赤く色を塗っただけで、いちいち何の日とか書いてません。

「今日は海の日です」とか「今日は山の日です」って言われても、だから何なのだろうという話なわけです。

そもそも、「1月1日」のところに「元日」と書く必要がありますか? 書かなきゃこの日が元日だとわかりませんか? 「祝日である」ってことだけわかれば十分でしょう?

無駄その④ 土日をぶった切るカレンダー

最近は減ってきたようですが、なぜかありますよね、「日曜日で始まって、土曜日で終わるカレンダー」。

土曜日と日曜日が果てしなく離れているタイプです。

でも、旅行って大体土日をまたいで行きません?

会社や役所に勤めていると大抵が土日休みだし、「俺は曜日関係ないぜ」って仕事でも、友達や家族と予定を合わせようとなると、やっぱり旅行は土日になります。

だから、「この日は旅行」ってまとめて書きたいのだけれど、なぜか土日がぶった切られているので、それぞれ別々に書かなきゃいけない。

なので、「スマ表」は月ごとのカレンダーで、日付を全部、縦に一直線に並べました。

「これなら、十日間の海外旅行にだって対応できます。出発日に「海外旅行」って書いて、あとは一直線に矢印をひけばいいのですから。

無駄その⑤ 毎年買い替える

普通のスケジュール手帳は年末になると本屋さんへ行って手帳を選んで、という時間が発生します。なぜなら、ページが1年間分しかないからです。

「スマ表」はカードを使うので、カードを入れ替え続ければ、表紙の部分が壊れない限り永久に使うことができます。

万が一、表紙が壊れても「スマ表」の表紙は30分もあれば簡単に作ることができます。ちなみに、表紙に必要なのは紙3枚。費用はたったの30円。

「スマ表」はA4の「特厚口」の紙を使っているのですが、これは東急ハンズとか文房具屋とかで手に入ります。

紙が切れそうになったら、何かのついでに買いに行けばいい。悩む時間も迷う時間もありません。一度買い方を、売り場を覚えてしまえば、5分で買い物は終わりです。

「暗黙の了解」なんてない

仕事中のトラブルの大体は、自分と相手の間に「暗黙の了解が成立する」と勘違いすることにある。

こんなこといちいち言わなくても伝わる。

ここは省略してもわかってくれる。

そう思い込んで、相手が思い通りに動かなかったり、指示を誤解したりすると「なんで言われた通りに動かないんだ!」とか、「もっと自分で考えろ!」と逆ギレを起こす。

だが、暗黙の了解というのは簡単には成立しない。

基本的に暗黙の了解が成立するのは、家族、恋人、親友くらい。仕事仲間だったら「相棒」とでも呼べる域にまで達しないと、暗黙の了解なんてありえない。

むしろ、そういう関係でもないに暗黙の了解なんてものが存在すると思い込むことはキモチワルイ。

どのくらいキモチワルイことかというと、「俺はお前が好きだ! だから、お前も俺を好きだろ? そうに決まってる!」と思い込むくらい、キモチワルイことだ。

「こんなこと言わなくてもわかるだろ!」とあなたが怒鳴った時、相手は「俺とお前の間に暗黙の了解なんてあるわけねぇだろ! 俺のカノジョ気取りか! キモチワルイな」くらいに思っているのかもしれない。

家族や恋人だって暗黙の了解があるかどうか怪しいものだ。感謝の気持ちを態度で示していたつもりでも、相手からすれば「全く感謝の気持ちが見えない!」とけんかになる。子どものために思った行動が子供からは「親がウザい、しつこい」と言われる。

家族や恋人ですらこういうことは多々ある。なのにどうしてただの仕事仲間で「暗黙の了解」が成立すると思い込めるのか。

それでも、業界にはその業界の常識があるし、毎日一緒に仕事をしてれば、自然と暗黙の了解が生まれるものだと思うだろ?

そう思う人はぜひJリーグの試合を見てほしい。できれば、残留争いをしているような、うまく機能していないチームの試合を。

パスをしてもミスをする。うまくつながらない。相手の強いのではなく、自滅という形で負けていく。

こういったチームはよく「イメージを共有できていない」と言われる。どんな形でボールをつないで、どんな形で点を取って、どんな形で勝つのかというイメージが。

つまりは、暗黙の了解がないのだ。

だが、彼らは幼いころからサッカーをし、人生の半分以上をサッカーに費やし、プロとして生活のほぼすべてをサッカーに費やし、チームメイトとして毎日同じ時間を共に過ごし、コミュニケーションをとっている。

それでも、暗黙の了解が生まれないのだ。「この業界の常識だ」とか「毎日一緒に仕事をしてる」とか「よく飲みに行く」は、「暗黙の了解があるはずだ」ということを証明してくれない。

相手との間に暗黙の了解が生まれたら奇跡、それくらいに思ってもいい。

だから、何か指示を出すときは、これ以上ないほど細かい指示を出すべきだ。別の解釈など絶対にありえないくらいに。

特に、メールなど、相手と直接やり取りができないときは特に。

別の解釈が成り立ってしまう指示は「悪い指示」である。それで何か問題が起きたら、それは「悪い指示」を出した方が悪い。

逆に、解釈間違いが起こりようがないほどの「良い指示」をして、それでも相手が指示通りにしなかったら、それは相手のせいだ。勘違いや聞き逃し、見逃しがあったということだ。

めんどくさいかい?

めんどくさいよね。

暗黙の了解があって、以心伝心でわかってもらった方が、仕事はスムーズにいくよね。

だが、何度も言うように、暗黙の了解なんてない。あったら奇跡だと思っていいし、あると思い込むことはキモチワルイことだ。

だったら、「暗黙の了解」に頼らず、ない前提で誤解の出ない指示を出す。その方がよっぽどスムーズに仕事が進むはずだ。