予想通りの1年だった話

前にも書いたけど、僕は「10年後の自分はどうなってると思いますか?」という、就活でよく聞かれる質問が苦手だ。

本音で答えれば「死んでるかもしれないからわかりません」なんだけど、そんなネガティブかつ投げやりなことを言うと確実に面接に落ちるので、「10年後は御社でキャリアアップして……」などと心にもないことを言う。もちろん本心は「さあ、10年後なんて死んでるかもしれないからなぁ」。

心にもないことを言っているので、当然、簡単にメッキがはがれて、面接は落ちる。

そうして、「10年後の、キャリアアップした自分」をすらすらよどみなく言えた人が正解とされ、面接に受かるのだ。

ところが、僕が就活をしてた時から10年たたないうちにコロナ禍がやってきてしまった。飲食業や観光業、それ以外にもいろんな業界が苦境に立たされている。

面接で答えた10年後とは、大きくかけ離れた人も多いはずだ。

……それ見たことか!

やっぱり、「10年後なんて知るかよ、バーカ」が正解だったじゃないか!

「10年前の面接」では、「10年後の自分」をよどみなく答えることが正解だったけど、実際の10年後では「知らねーよバーカ!」が正解だったじゃないか!

そもそも、「10年後の自分」とはなかなかに厄介な質問である。

現代史を振り返ってみると、90年ごろのバブル崩壊、2001年の同時多発テロ、2011年の東日本大震災、そして2020年のコロナ禍と、10年周期で、「10年前の計画」がおじゃんになるような大事件が起こっている。ちなみに、80年代は詳しくないのでわからない。

10年周期で大事件が起きるという事は、「10年後の自分」を思い描いた時、その10年の間のどこかでとんでもない横槍が入る可能性が高い、という事だ。

再起不能になるほどの横槍が飛んでくるかもしれないのに、それを無視して「御社でキャリアアップして……」などとのんきなことを言うやつのどの辺が正解なのか。「御社」なんて10年後にはなくなっているかもしれない。

10年後まであるとおもうな、親と金と御社。

のんきと言えば、今年(2020年)はよく「まさかこんなことになるなんて思ってなかった」なんて言葉を聞いたけど、これまたずいぶんのんきな言葉である。

僕もさすがに「未知の感染症が蔓延する」とは思ってなかったけど、それでも「まさかこんなことになるなんて」とのんきなことは考えていなかった。

何かの災害で、今の生活や社会が再起不能になることはあるかもしれない、頭の片隅では必ず考えていることだ。

恐れるべきは災害だけではない。車に轢かれるとか、癌が見つかるとか、生活や人生を狂わせる一大事がいつ起こるとも限らない。今、このブログを腱鞘炎の真っ最中に書いているのだけれど、腱鞘炎だけでも十分に日々の生活を狂わせる。

だから、「まさかこんなことになるなんて」だなんて、ずいぶんのんきなことを言うものだな、とあきれ返っているわけだ。

確かに、さすがに感染症が広がるとは予想してなかった。何か生活を狂わせる一大事が起きたとして、災害だと地震、個人的なことだと交通事故の可能性が高いと思っていたけど、まさかウイルスが蔓延するなんて。

それでも、原因が何であれ「社会がひっくり返るほどの大事件が起きる」ことは頭のどこかで常に予想していたので、「まさかこんなことになるなんて」とは思わない。そういう意味では予想通りの1年だった。

投稿者: ノック

民俗学ZINE作家。 「バズらないモノづくり」をテーマとする「ノンバズル企画」を主宰。民俗学専門ZINE「民俗学は好きですか?」を企画・執筆・製本・販売しています。「民俗学とは『生きること』を探求する学問」をテーマに、民俗学の魅力をわかりやすく、面白く、奥深く紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です