民俗学専門ZINE「民俗学は好きですか?」

民俗学専門ZINEは「日本民俗学」をテーマに、3か月に一度のペースで発刊しております。

なぜ、民俗学がテーマなのか?

……好きだからです。

今、ネットなどで「民俗学」と言われているものを見ると、たまに、妖怪とか幽霊とか怪しげの風習、祭りとかに偏ってて、トンデモオカルト学かなにかと勘違いしてるんじゃないか、と思う人を見受けます。

たしかに、民俗学にはそういう側面もあるし、そういうところをとっかかりに民俗学に触れていくことはアリだと思います。僕だってもとをただせば、ただの妖怪オタクです。

でも、民俗学のことをいつまでも「トンデモオカルト学」だと思われるのもどうかと思うのです。

民俗学はもっといろんな側面があります。そういった民俗学が持つ「いろんな側面」を切り取る媒体を作りたい、民俗学が持ついろんな顔に触れてもらいたい。

そう思ってこのZINEを作っています。

「民俗学は好きですか?」は、以下の二つのルールに基づいて作っております。

ルール① 奇をてらわずに、基をねらう

「基をねらう」は僕の造語で、『基本をしっかりと抑える』という意味です。

なにか人目を引くような、奇をてらったことはやらずに、基本をしっかりと抑える。「そもそも、民俗学とは何だろう」「民俗学は何をするんだろう」「柳田國男とは誰だろう」そんな基本的なことをしっかりと抑えてから、その先の面白さを紹介する、そんなZINEづくりを心がけています。

ルール② よりわかりやすく、より面白く、より奥深く

「民俗学は好きですか?」は論文集ではありません。

本格的な論文なら、日本民俗学会が発行する、ちゃんとした冊子があります。

僕は学者ではなくZINE作家です。「これが俺の民俗学だ!」「これが俺の大発見だ!」「これが俺の斬新な説だ!」と学者のまねごとをしても、学会の中で持論を様々な異論と戦わせて切磋琢磨している学者にはかないません。

ですが、「よりわかりやすく、より面白く、より奥深く」、という観点なら、学者よりも僕のようなZINE作家の方が得意なのではないか、そう考えています。

「民俗学は好きですか?」は新たな研究成果を発表する場というよりも、いまある民俗学を、これから民俗学に触れていこうとする人たちに向けて、よりわかりやすく、より面白く、より奥深く伝えていくメディアを目指しています。

民俗学を様々な切り口からわかりやすく紐解き、その面白さ、そして奥深さを伝えるZINEを目指しています。

これから民俗学を学んでいこうと思っている人にとって、このZINEがその扉となれるのであれば、本望です。


さて、そんな「民俗学は好きですか?」は基本的に、僕が直接販売する、という形をとっています。どこに行けば僕に会えるかは、随時SNSをご確認ください。

SNSへのリンクはこちら。

ただ、出没場所はどうしても首都圏に限られてしまうので、「そんなところまで行けないよ」という方のためにネットショップを用意しております。

ノンバズル企画のネットショップ

「民俗学は好きですか?」のバックナンバー

各号の特集記事を無料公開しております。

創刊号 特集記事「ところで、民俗学って何?」(2019年夏発刊)

Vol.2 特集記事「柳田國男 ~民俗学を黎明(プロデュース)した男~」(2020年冬発刊)


来たれ、民俗学を究めんとする同志よ!

集え、フォークロアの御旗のもとに!

「民俗学は好きですか?」では、民俗学に熱い何かを持つキミの参加をいつでも待っている!

論文、エッセイ、小説、イラスト、マンガ、写真……。A5の紙で表現できることなら、どんな形式でも構わない! 条件はただ一つ、「民俗学であること」!

参加の意思を持つ同志は、コメント欄に書くなり、daikumilk@yahoo.co.jpにメールを送るなりして、その意思を表明してくれ!

キミの参加を待っている!