スケジュール手帳は自分で手作りがおすすめ!

スケジュール手帳を自分で作りました。

その名も「スマート予定表」

略して「スマ表」。なんかどっかで聞いたことのある略称ですね。

このスマ表、あらゆる無駄を排除した、非常に無駄のない作りを心がけています。

とはいえ、「あらゆる無駄」と言ってもあくまでも「僕にとっての無駄」という意味ですが。

そもそも、なぜ市販のスケジュール手帳が無駄が多いのかというと、それは「市販」されているからです。

市販されているから、なるべく多くの人に買ってもらわなければいけない。

人によっては「この機能、無駄だな~」と思う人もいれば「この機能ないのか~」という人もいます。

ですが、なるべく多くの人に買ってもらうには、個々のニーズには対応できない「無難な」ものになってしまいます。

「一般的にあった方がいい機能」ばかりで、「一般的に使わない機能」がない、無難なスケジュール手帳。ですが、「ふつうはいらないかもしれないけど、俺は欲しい機能」とか、「ふつうは使うかもしれないけど、私はいらない機能」といった、個人的なリクエストにこたえることはできません。

なので、「自分にとっての無駄な機能をなくし、自分にとって必要な機能がある」、そんなスケジュール帳を自分で作ることにしました。

それがこれ、「スマ表」!

この「スマ表」はありとあらゆる無駄を排斥して作っているのですが、最大のメリットはこちら。

開いたページが常に「今月」と「今週」になる! という点。

つまり、「ページをめくる」とか「しおりを挟む」みたいなあの無駄な作業をなくしました。

つまりは「過去の予定表」というあの無駄なページを削除したのです。

スケジュール手帳を作るにあたり、「過去の予定表」を見ることがあるかどうか検討したのですが、「警察にアリバイ確認をされたとき」ぐらいしか思い浮かびませんでした。未だかつて、そんな経験はないので、「過去のページ」がない予定表を作ることにしました。

どうすれば常に、開いた見開きが「今の予定」になるのだろうと考えた結果、思いついたのが「紙芝居方式」

つまり、スケジュール手帳のページ1枚1枚をカードにし、紙芝居のように「今月」と「今週」がそれぞれ一番上に来るようにしたのです。

他の月や週の予定を見たり記入したりするときは、紙芝居のように、今見えてるカードの後ろから必要なカードを取り出して、入れ替えればいいのです。見開きの真ん中の部分からカードを取り出せます。ここから出し入れするので、「スマ表」を閉じた状態なら、カードが落下する心配もありません。

右のページは「今週の予定」、左のページは「今月の予定」が書かれています。

カードを挟む紙芝居方式なので、たとえばこんな使い方もできます。

「この日は旅行なんだけど、このスケジュール帳のスペースじゃ、旅行の肯定を書ききれない……」

そんな時は、「今週の予定」のカードとは別に、旅行の肯定に特化したカードを作り、挟めばいいのです。

他にも、全くの白紙を1枚挟んでおけば、メモ用紙として使うこともできます。

そして、使い終わったカードは抜きとって廃棄します。

どうしても過去の記録を残しておきたい人は、データベースに入力するといいでしょう。週に一度、蘇州の行動をパソコンで入力するのも、よい振り返りになるかもしれません。

他にも、この「スマ表」は様々な無駄を排斥しています。

無駄その① スケジュール手帳によくある「このスケジュール手帳の使い方」のページ。

パッと見て使い方がわからないようなスケジュール手帳は、たぶん、役に立ちません。この「使い方」のページ、はっきり言って無駄です。

「スマ表」には「使い方」のページがありません。そもそも、自分で作っておいて使い方がわからない、なんてことはありませんから。

無駄その② 「去年の11月・12月」のページ

なぜあるんだこのページ?

元々スケジュール手帳を持っていて、年が変わるから新しく変える、ってだけだと、このページは無駄なページになります。

なぜなら、去年のスケジュール手帳にも11月・12月のページはあるからです。逆に年末のページがないってスケジュール手帳、ありますか?

なんのためにあるのか、「去年の11月・12月」用のページ。

「スマ表」なら、余分な月のページはいりません。いつだって「今月」から始められます。なんなら、6月とか9月からでも始められます。

無駄その③ 祝日の名前

正直、その日が祝日であることがわかればいいのであって、それが成人の日だろうが、憲法記念日だろうが、体育の日だろうが、どうでもいいことだと思います。

重要なのは、その日が平日なのか、祝日なのか。電車やバスのダイヤはどっちなのか。

「スマ表」では、祝日は赤く色を塗っただけで、いちいち何の日とか書いてません。

「今日は海の日です」とか「今日は山の日です」って言われても、だから何なのだろうという話なわけです。

そもそも、「1月1日」のところに「元日」と書く必要がありますか? 書かなきゃこの日が元日だとわかりませんか? 「祝日である」ってことだけわかれば十分でしょう?

無駄その④ 土日をぶった切るカレンダー

最近は減ってきたようですが、なぜかありますよね、「日曜日で始まって、土曜日で終わるカレンダー」。

土曜日と日曜日が果てしなく離れているタイプです。

でも、旅行って大体土日をまたいで行きません?

会社や役所に勤めていると大抵が土日休みだし、「俺は曜日関係ないぜ」って仕事でも、友達や家族と予定を合わせようとなると、やっぱり旅行は土日になります。

だから、「この日は旅行」ってまとめて書きたいのだけれど、なぜか土日がぶった切られているので、それぞれ別々に書かなきゃいけない。

なので、「スマ表」は月ごとのカレンダーで、日付を全部、縦に一直線に並べました。

「これなら、十日間の海外旅行にだって対応できます。出発日に「海外旅行」って書いて、あとは一直線に矢印をひけばいいのですから。

無駄その⑤ 毎年買い替える

普通のスケジュール手帳は年末になると本屋さんへ行って手帳を選んで、という時間が発生します。なぜなら、ページが1年間分しかないからです。

「スマ表」はカードを使うので、カードを入れ替え続ければ、表紙の部分が壊れない限り永久に使うことができます。

万が一、表紙が壊れても「スマ表」の表紙は30分もあれば簡単に作ることができます。ちなみに、表紙に必要なのは紙3枚。費用はたったの30円。

「スマ表」はA4の「特厚口」の紙を使っているのですが、これは東急ハンズとか文房具屋とかで手に入ります。

紙が切れそうになったら、何かのついでに買いに行けばいい。悩む時間も迷う時間もありません。一度買い方を、売り場を覚えてしまえば、5分で買い物は終わりです。

ZINEとは?

ノンバズル企画では、ZINEを作っています。

……お酒を造っているわけではありません(笑)。

ZINEとは「MAGAZINE」の「ZINE」。個人が発行しているお手製の小冊子、すなわち「同人誌」を指します。

ZINEは19世紀末に生まれ、20世紀、特に90年代のアメリカ西海岸でブームを迎えたと言われています。

日本でも、明治時代には文学の同人誌が多くつくられ、文壇になお残す文豪も、こういった同人誌に執筆していました。

ところが、今の日本で同人誌というと、アニメやマンガの二次創作が主流なので、「同人誌作ってます」って言うと、もれなく「何のアニメの?」という質問が帰ってきます。

アニメやマンガの二次創作、いわゆる「薄い本」と区別するために、日本ではあえて「ZINE」という、ちょっとおしゃれな言い方を使っています。

アニメやマンガでないとすれば、じゃあ、ZINEは何が書かれているのかというと、

……何でもいいんです。

自分の好きなこと、自分の過去の話、自分の夢の話、イラスト、写真、小説、何でもいいんです。

もちろん、アニメやマンガの話でも。それこそ、何でもありなのです。

ZINEの魅力

①個人が発行している

ZINEは大きな出版社ではなく、個人が発行しています。そのため、書き手の個性があふれた出版物です。

その人の趣味や経験、アート作品がZINEの中に詰まっています。

そして、出版物を一つ作るというのは大変な手間です。その手間をかけてでも作りたいものがあったという、情熱がZINEにはつまっているのです。

そのため、ZINEを読むという行為は、あたかもその人の個性をのぞき見しているかのような、不思議な感覚に陥るのです。

②低予算・低価格

ZINEは基本的に安価なものです。個人が発行しているものなので、予算は限られますし、フリーペーパーのように広告を乗っけて広告費をとるものでもありません。

個人が低予算で作るものなので、どうしても、本屋に流通するような雑誌のようなクオリティには届きません。

でも、それがいいんです。デザイン、写真、文体、それらがどこか素人っぽい。素人ながらも精いっぱい、情熱をもって作ったZINE。そ素人臭さが実はZINEの魅力の一つなのです。

③少部数発行

ZINEは普通の本屋には流通していません。

そもそも、「普通の本屋」に流通している本は、「取次」と呼ばれる業者を経由しています。取次では、なかなかZINEのような個人、それも素人が作ったものは扱ってくれません。

さらに、ZINEは個人が作っているものなので、作業的にも、予算的にも、そんなに大量には作れません。

ZINEは、基本的には少部数発行です。

だからこそ、作り手と読み手がダイレクトにつながれるのです。

「だれか読んでくれるかな?」と不安を抱えながらも、情熱をこめてZINEを作った人がいる。一方で、「だれが書いたんだろう?」とそのZINEを手に取り、その情熱を受け取る人がいる。

名前も顔も知らない人同士が、ZINEを通じて繋がる瞬間、それは、ネットを介して大量に拡散するコンテンツを通しての交流とは、また少し違うものなのです。

 

ノンバズル企画とは?

ノンバズル企画とは、「バズらないモノづくり」を掲げ、「バズらないもの」の製作・販売を行うプロジェクトです。

主な活動は民俗学専門ZNE「民俗学は好きですか?」の企画・執筆・編集・印刷・販売です。

「ノンバズル」とは、「バズらない」という意味の、造語です。

なぜ、「ノンバズル企画」では「バズらない」にこだわるのか。

ネット社会でツイートやブログ、動画などが広く拡散し、多くの人に見てもらうことを「バズる」と言います(ちなみに、「バズる」の語源は虫の羽音らしいです)。

ネット社会では多くのクリエイターが「バズること」を目指し、「いいね」やリツイートを集めることや、フォロワーやブログのPV数、動画の再生回数を稼ぐことに力を注いでいます。

バズることができれば、広く名が知られ、多くのフォロワーを獲得できます。自分の活動を多くの人に見てもらうことができ、収入にもつながります。

そんな時代に、なぜあえて「バズらないこと」を掲げるのか。

……だって、「バズる」って、疲れるじゃん。

いろんな数字を気にして、一喜一憂して。

そのうち、本当にやりたいことも見失うようになります。「やりたいこと」よりも「バズること」「注目されること」をやるようになります。

さらに、注目が集まれば何でもいいと、社会的に許されないような行為に手を出したり、人の悪口を言って注目を集めたりするようになってしまいます。炎上商法というやつです。

でも、「数字を気にする」って、実はとても疲れるんです。

数字は常に移り変わるもの。形のないもの。捉えどころのないもの。

そんなものに執着しても、疲れるだけです。

実際、僕自身、ツイッターのフォロワー数や、ブログのPV数を気にすることを一切やめてみたところ、とても気持ちが楽になりました。それだけ、疲弊していた、ということです。

そこで、あえて「バズらないモノづくり」を掲げる「ノンバズル企画」を立ち上げました。ノンバズル企画ではZINEの製作をメインで行っています。

ZINEとは個人が少部数で発行する物なので、基本的にはバズりません。

おまけに、ZINEの内容は「民俗学」を扱ったものなので、これはもう、絶対にバズりません。

ZINEは「バズること」「広く拡散すること」よりも、「ZINEを手に取ってくれたたったひとりと繋がること」に重きを置いたメディアです。「バズること」ではなく、本当に自分がやりたいことをやるメディアです。

ノンバズル企画では、バズるバズらないに関係なく、自分が本当に良いと思ったもの、本当に面白いと思ったものを作っていきます。

そして、作品を多く売ることよりも、作品を手に取ってくれた一人一人と出会うことを大切にしていきたいです。