「フォロワー数=ファンの数」ではない

100日後にワニが死ぬ漫画が、最終回後に炎上してしまったらしい。

それも内容とは関係なく、終了後の商業展開が露骨すぎて、さらにブラック企業で有名な電〇通が絡んでいたともうわさされたのが原因らしい。作品の内容とは関係ないところで、というのが何とももどかしい。

たしかに、商業的な展開とは無関係と思っていた作品が、終了後にこれ見よがしに商業展開を始めたら、興ざめするのも気持ちはわかる。

とはいえ、人気が出たものに尾ひれはひれがつくのは当然のことだし、電〇通の噂はあくまで噂だし、何か確固たる理由があって炎上したというよりは、どうにも感情論でしかないような気もする。

気にする人は気にするけど、気にしない人は気にしない。気にしない人は気にしないけど、気に食わない人は気に食わない。そういう微妙な問題。

一説には100日で200万人ほど、作者のフォロワーが増えたのだというが、今回の騒動を見てみると、このフォロワー数を人気のバロメーターだと考えるには、いささか疑問が残る。もしも彼らがファンであるならば、はたしてこんなに批判されるだろうか。

今回の騒動で言えること。

ツイッターのフォロワー数や、you tubeのチャンネル登録者数、それは決して「あなたのファンの数」ではない。

ましてや、何をやっても誉めてくれる「あなたの信者の数」でもない。

「あなたを監視する人の数」である。

「登録者数10万人」は「10万人に人気がある」ではない。「10万人がお前を監視している」である。

「フォロワー100万人」は「100万人がお前の一挙手一投足を監視している」という意味だ。

監視だから、監視する側の意にそぐわない行動をとった時は、ただでは済まさない。

たとえるなら、株主が一番近いのかもしれない。

SNSをフォローしたり、動画を見たりするのは株を買うようなもので、株主に利益を出している限りは、応援してあげる、というものだ。

その代わり、不利益を出したらただじゃすまさない。引きずりおろしてやる。そういうものである。

スポーツのファンとか、そういうのが露骨かもしれない。勝っているときは声を涸らして応援するけど、負け続けると怒れる暴徒と化す。

ただ、スポーツの場合は、勝つか負けるか、結果がはっきりしているから、「何をしたらファンが怒るか」もわかりやすい。要は、負けなきゃいいねん。

だが、マンガとか、SNSとか、you tubeとかと言ったコンテンツは、「何をやってはいけないか」がわかりづらい。

わかりづらいけど、どこかに地雷があって、知らずにその地雷を踏んでしまうと「お前、何やっとんねん!」と炎上してしまう。

なぜなら、フォロワーは「良い作品を作ってくれるなら、多少のことは目をつぶろう」というファンではない。

「作品の良し悪しはもちろん、その周辺状況も含めて採点し、満足させてくれるなら称賛するけど、満足できなことをしたらただでは済まさない」と、監視をしている人たちなのだから。

「監視する者たち」を満足させるには、「自分が何をしたいか」「自分が何を作りたいか」ではなく、「どうしたら監視する者たちを満足させられるか」「どうしたら監視する者たちを黙らせられるか」を考え、そのための行動をし続けなければならない。さらに、どこかに隠れている地雷を探して、踏まないように注意しないといけない。地雷を踏んだとたんに、監視する者たちは、脱走兵を見つけたかのごとく牙をむく。

だから、「フォロワー数が増える」「登録者数が増える」というのは、「お前を監視する者が増える」という事であり、あまり手放しで喜べる話ではない。

旅人を気取らない

世界を旅するやつがそんなにえらいのか。

僕自身、ピースボートに乗って世界を一周し、20か国を訪れている。周りにもそんな人がいっぱいいるし、なんなら船を降りてからもあちこちに旅をしている友達もいる。そのうえであえて言う。

そのうえであえて言う。世界を旅するやつがそんなにえらいのか。

「旅人集まれ!」みたいなイベントだったり、サイトだったりを見ていると、どうにも「世界を旅するやつはえらい!」「何十か国も旅した人はすごい!」みたいな空気があるように感じてしまう。なんだろう、「旅人」という言葉に酔いしれているような。

そういう風に感じてしまってから、そういう場所にはあまり顔を出さなくなった。

顔を出さなくなってから、たま~に顔を出してみても、「やっぱり酔いしれてるなぁ」というところばかり目につくから、また顔を出さなくなる。

そもそも、「旅人」って何だろう?

世界中のあちこちを旅していれば「旅人」なのだろうか。

「旅人」とはむしろ、心の在り方なのではないかと思う。

それは世界中のどんな場所にいても、今いる場所を一歩引いた客観的な視点でとらえる人のことを指すのではないか。

たとえば、ずっと地元に住んでいて、一度も引っ越したことがない、旅行にだってたまにしかいかない。そんな人でも、自分の街に対してどこか客観的な視点を持てれば、それはもう「旅人」なんだと思う。

たとえば、ずっと同じ会社に勤めていて、ベテランと呼ばれる人でも、強い帰属意識を持たず、一歩引いた客観的な目で自分のいる場所を見ている人は、きっと「旅人」なんだと思う。

旅人とはなにか。僕は「社会の重力から自由な人」だと思う。

町であれ、会社であれ、業界であれ、趣味の世界であれ、部活であれ、人が複数集まればそこには「社会」が生まれる。

そして、そこには必ず「重力」が生まれる。

それは時に「ムラ社会」と呼ばれたり、「企業体質」と呼ばれたり、「暗黙の了解」と呼ばれたりするアレのことだ。

どんな社会にも重力があって、その人を町とか会社とか業界とかの内側へ内側へと引っ張ろうとする。

重力に飲まれていくと次第に考え方が「その会社のやり方」とか「その業界の常識」とかに染まって、客観的な見方を奪われていく。

何か問題を起こした団体が謝罪会見を開き、その言い分を聞いて「そんな考え方、よそで通用するわけないでしょ!?」とびっくりすることがあるが、それはこの重力に飲まれて、客観的な考えができなくなってしまったからだ。

そういった重力に飲まれることなく、どこの町にいても、どんな会社や業界にいても、自分の居場所を一歩引いた目で、まるではじめてその町を訪れた旅人であるかのように見れる人を、僕は「旅人」と呼んでいる。

ところが、いわゆる世界を旅する方の「旅人」が複数集まると、やっぱりこの重力が発生する。

そして、その重力に飲まれてしまう。

結果、旅人同士で固まったり、「旅人」であることを気取ったりして、「俺たちは旅人だ!」「世界を旅しなきゃだめだ」みたいな価値観に固まってしまう。

そういう人のどのへんが「旅人」なのか、僕は首をかしげる。むしろ、ムラ社会の住民じゃないか。旅人ムラ社会。

だから、「旅人」を気取るのも考え物だよ、という話。どこに行ったかとか、何か国旅したかではなく、「今いる場所をどうとらえているか」が大事なんじゃないかな。

外圧がないと何も変わらない

新型コロナウイルスが蔓延している、らしい。

すると、感染拡大を恐れて、テレワークだったり、営業時間の短縮だったりの動きが広がった。

実際、町を歩くと、いつもよりも人の数が少ない、ような気がする。

ニュースを見てると、ブラック企業と名高い会社が意外と対応が早くて、「なんと、あの電〇通が『休む』という言葉を知っていたのか!?」とびっくりした。

もしかしたら、コロナウイルスはブラックな企業ほど怖いのかもしれない。

満員電車で通勤し、朝から晩までオフィスにいれば、感染リスクは高まる。休日返上で働けば、その分感染リスクが高まる。疲れがたまり、ゆっくり休めなかったり、寝てなかったりすると、その分免疫力が落ちる。ブラックな企業ほど、ウイルスが怖いのかもしれない。

一方で、テレワークとか、営業時間の短縮とか、できるのであれば、なんでもっと早くやらなかったんだろう? と首をかしげる。

「働き方改革」が叫ばれているにもかかわらず、なかなかその動きは広まらない。なのに、ウイルスが広がるとこうもあっさり働き方が変わるのか。

たぶんこの国は、外圧がないと何にも変わらない国なんだと思う。

歴史を見ると、特にここ200年ほどはその傾向が顕著だ。

ずっと鎖国をしていた日本が開国したのも、日本人が自発的に「開国しよう」と思ったからではない。黒船が来たからだ。あの坂本龍馬ですら、最初は外国に関心を寄せる勝海舟を斬り殺そうと考えていたのだ。黒船が来なかったら、龍馬は開国だなんて考えただろうか。

もしかしたら、鎖国そのものが、この国が外圧によってあっさりと変わってしまうことを恐れたからかもしれない。

1945年に日本の政治が大きく変わったのも、日本人が率先して動いたからではない。アメリカとの戦争に負けて、占領されてやむなく体制が変わったのだ。

よく改憲論者で「今の憲法はアメリカに押し付けられたものだ! 自分たちの手で憲法を作りたいと思わないのか!」と叫ぶが、僕は発想が逆だと思う。

新しい憲法を外部から押し付けてもらわないと、そもそも憲法を変えようという発想に至らないのだ。たぶん、今の憲法が新しいものに変わるとしても、それはやっぱり「新しく外部から押し付けられた憲法」だと思う。

「外圧」は必ずしも「外国からの圧力」とは限らない。自然災害もまた、人間の意志の外からやってくる「外圧」だ。

東日本大震災後、日本の原発政策は大きな影響を受けた。もしあの震災がなかったら、日本は今でも原発がフル稼働だったに違いない。自分たちから「原発なんてやめよう」とは、言い出さない。

どうにもこの国は、自分たちから何かを変えようという意志は乏しく、黒船とか震災とかウイルスのような外圧がないと、何も変わらないらしい。