リア充だと確認しないと気が済まない

新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が出て、外出自粛要請が出て、半月近くがたった。

都心はすっかり人がいなくなった。正月だってそこそこの数の人がいたのに。

一方で、神奈川の湘南・江の島は、なぜか大勢の観光客でにぎわい、地元の人たちは戦々恐々としているらしい。どうも、神奈川県外からの観光客が多いという噂。

……それにしても、なぜ江の島? 九十九里浜や高尾山じゃダメなのか?

調べてみると、九十九里浜や高尾山に行く人もいるにはいるみたいだが、江の島ほど問題にはなっていない。

なぜ湘南? なぜ江の島?

そもそも、なぜそんなに外出したいんだろう? これほどネット技術が発達した現代、家で引きこもって遊ぶ方法なんていくらでもあるのに(それも、外出するよりはるかに安上がり)。オンライン飲み会なんておもしろいじゃないか。

家にずっといるのがストレスだというなら、歩いて行ける川や公園にでも行けばいい。散歩は自粛を求められていないし、いい運動になる。なのになぜ、わざわざ県外から車に乗って湘南・江の島に行くのか。

ここで一つの仮説を提示したい。

彼らは外出したいのではない。遠出がしたいのではない。旅行がしたいのではない。

「自分はリア充である」と確かめたいだけなのではないか。

なぜ、ずっと引きこもってられないのか。

なぜ、近所の川や公園では満足できないのか。

それでは自分が「リア充である」と確かめられないからだ。

だからわざわざ、家族や友達、恋人と連れ立って、湘南や江ノ島に行って、観光したりサーフィンしたりおいしいモノ食べたり写真撮ったりするのだ。湘南・江の島エリア。関東地方でこれほどリア充のにおいがするスポットがあるだろうか。

……と書くと、なんだか唐突な気もする。なんでいきなりリア充の話やねん、と。

だけど、「人は自分がリア充だと確かめないと生きていけない」というのは、僕にとっては唐突でも何でもなく、数年前から考えていたことだ。

なぜ、あちこちでいろんなイベントが開かれているのか。

なぜ、わざわざお金や時間を費やしてまで、イベントやパーティに参加するのか。

なぜ、自撮り写真や集合写真を撮るのか。

なぜ、自撮り写真や集合写真、食べたランチやディナーの写真をSNSにアップしたくなるのか。

なぜ、他人に「自分はリア充である」とアピールしたくなるのか。

その答えはただ一つ!

彼らは、他人に向かって「私はリア充です」とアピールしているのではない。

自分に向かって「私はリア充なんだ。私はリア充なんだ」と確かめて、言い聞かせているからだ。

どういうわけか人は、自分はリア充であると、自分自身に言い聞かせ、確認しないと気が済まないらしい。

へたしたら、「なぜ友達を作るのか」「なぜ恋人を作るのか」「なぜ結婚するのか」「なぜ家を買うのか」「なぜ車を買うのか」なんて言うことも実は、「自分でそう望んだから」ではなく、「自分はリア充だと確かめたいから」なのかもしれない。少なくとも、「友達を作る」「カレシ・カノジョを作る」というときの「作る」という表現に僕は違和感を感じる。人はプラモじゃねぇぞ。

人は、自分がリア充だと確かめないと気が済まない。自分がリア充ではないという現実に耐えられない。

だから、家でじっとしていることに耐えられない。誰とも会わず、どこにも行かず、週末を家でじっとして過ごす。こんなリア充からかけ離れた生活には耐えられないのだ。

というわけで、人は湘南や江ノ島に殺到するんじゃないか。その根底には「人は自分がリア充であると確かめないと気が済まない」という、どうしようもない性が隠れているのではないか。

あくまでも個人の見解、仮説です。

緊急事態宣言が出ても生活が変わらない

2020年4月7日に、新型コロナウイルスの蔓延により、緊急事態宣言が出された。

テレビやラジオ、ネットからは「外出自粛」、「休業要請」、「7割削減」と、あまり景気の良くない言葉が並ぶ。

それに伴い、「我慢」という言葉をよく聞く。

この一か月を我慢しよう。

外出するのを我慢しよう。

人と会うのを我慢しよう。

飲みに行くのを我慢しよう。

なんだか日本国民全員が、それまでの日常がぶっ壊れて、不自由を強いられているような報道ばかりなのだが、

……僕の生活はたいして変わってないんだよねぇ。

もちろん、多少の影響はあるが、それは微々たるもので、僕の生活の10%程度でしかない。残りの90%は「今までと大して変わらない暮らし」を送っているのだ。

なぜか。

ズバリ、コミュ障をこじらせた結果、もともと他人との濃厚接触を避けて生きてきたからである。

政府は「他人と接触する機会を7割に削減してください」と言い、ネットでは「7割なんてできるか!」という声もちらほら聞くが、僕はもともと他人と接触が嫌で、常人の3割程度しか他人と接触する機会がないので、3割が1割くらいになったところで、たいして変わらない。むしろ、これ以上もう削るところがない。

仕事に関しても、そもそも「職場に自分以外の誰かが一緒にいる」ということ自体が耐えがたいストレスで、そういう状況にならない仕事、すなわち、業務中のほとんどの時間を孤独に過ごせる仕事ばかり選んでやっている。おかげで現在、仕事はたいして影響がない。仕事に行ったところで、どうせ人と会わないのだから。

あと、満員電車もストレス過ぎて早々に諦めたので、満員電車に乗らずにできる仕事をしている。

また、現在、イベントが軒並み中止になっているが、もともと「人がいっぱい集まるイベント」や「イベントの盛り上がり」が苦手だったので、そもそもイベントに足を運ばない。

文学フリマは平気なのだが、コミケは人が集まりすぎるため、行ったことがない。一度行ってみるかと会場の最寄り駅にまで入ったが、あまりの人の多さに、会場に入ることも並ぶこともせず、そのまま逃げ帰ってきた。「人混み」という時点でストレスなのだ。

いま「夜の街」にはいかないようにと言われているが、もともとキャバクラとか風俗とかに行ったことがない。別に硬派を気取っているわけではなく、ただ単に「初対面の人に接することが、耐えがたいストレス」なだけである。メイド喫茶ですら僕にはストレスである。とにかく、話しかけられたくないのだ。

そう、僕にとって、「仕事場に他人がいる状況」や「人が集まるイベント」、「接客を伴う飲食店」といった、「今、ダメだとされているもの」は全部、もともと耐え難いストレスの塊なのだ。もともと近寄らないのだ。

だから、緊急事態宣言が出されても、生活はたいして変わらない。元からゼロに近いものを、これ以上どう削れと言うのだ。

むしろ、平常時に世間の人たちが「濃厚接触」を普通にしていることの方が、僕には理解できない。そっちの方が、僕にとってはよほど「我慢の連続」である。

だって、ストレスじゃん。

職場にほかの人がいるのって、ストレスじゃん。

人ごみの中に行くのって、ストレスじゃん。

キャバ嬢だろうが風俗嬢だろうが、人と話すのはストレスじゃん。

そう、僕にとって、人と話すこと自体が「耐え難いストレス」なのだ。

そうやって人と会うことを避け続ける生活をしていると、さすがに人と会いたくなる時がある。そんなタイミングで飲み会や食事会に行く。それくらいがちょうどいいのだ。

コロナの情報をあさらない

「コロナ疲れ」という言葉があるらしいけど、その実態はもしかしたら、ネット疲れ・SNS疲れの延長ではないのか。

そもそも、感染も発症もしてないウイルスに「疲れる」というのも変な話じゃないか。

みんな、実はコロナウイルスに疲れたのではない。コロナウイルスに関する「情報」と、それを調べるためのパソコン、SNS、スマートフォン、テレビのニュースに疲れているのだ。

そんなコロナ疲れしたそこのあなた、もしや丸一日、コロナに関する情報を漁ってやいませんか?

不安からいろいろ調べたくなる気持ちもわかるけど、むしろ逆効果じゃないかしら。

コロナが不安だからいろいろ調べる。でも、調べたところで不安を煽るような情報しか見つからない。結果、ただ不安が大きくなっているだけ。その不安を解消したくてまた調べる。悪循環だ。

だったらいっそ、勇気をもって情報を遮断したほうがいい。

コロナに関する情報を漁ってないと不安になるかもしれないけど、漁ったって不安が大きくなるだけだ。

そして、不安なんていくらため込んでも、なんの役にも立ちやしない。

大事なのは不安じゃない。警戒心だ。

コロナに全く不安を抱いていなくても、警戒心をMAXに働かせておけば、冷静に的確な対処ができる。

ならば、不安を煽るような情報は遮断しよう。

そして、最大の警戒心を持って、正確な情報を必要な量だけチェックする。必要以上の情報には触れない。

そうやって情報を制限することで、デマにも踊らされなくなる。

デマというのは巧妙に信じ込ませようとするから、一度出くわすと見抜くのはなかなか難しい。

でも、触れる情報の量を制限すれば、そもそもデマが回ってこない。触れる情報の絶対数が少ないのだから。

たとえば、「10の情報のうち1つがデマである」という状態と、「100の情報のうち10個がデマである」という状態を比べてみよう。

どちらも、デマが含まれている割合同じ。前者は注意すればたった1つのデマが見抜けるかもしれない。だけど、問題は後者。90の真実と10のデマを完璧に見分けることはまず無理だ。

触れる情報の量が増えれば、デマに行き当たる数も増える。デマの数が多くなれば、見抜くのは困難になる。

情報を漁る前に、まず落ち着いて考えてみよう。大量の情報を漁ったところで、自分にそれを処理する能力があるのか、と。

あなたが毎日、新聞を5紙取って読み比べてる、そんなレベルの「情報猛者」なら、大量の情報を漁っても適切に処理できるかもしれない。

でも、一般人は違う。大量の情報から真贋を見極めるスキルも、専門知識も、情報を処理して本質を見抜く眼も持っていない。

僕は、どれも持っていない。だから、自分の処理能力を超える量の情報には触れない。制限をかける。僕のように情報処理に疎い人間こそ、実は触れる情報量に制限をかけるべきである。

そうやって情報に制限をかけることで今度は、「なら、少ない情報の中で必要な情報を補うには、どこを見ればいいか。何をチェックすればいいか」という方向に頭が働く。

では、少ない情報でも必要量を的確に補うには、どんなメディアが良いのか。

ネットはダメだ。ネットにはチェック機能がない。大半のデマはネットで出回る。

信頼置けるニュースサイトもあるが、今度は記事の後ろに「あわせて読みたいニュース」なんて余計なものが出てくる。こんなのいちいち目を通していたら、不安が増すだけだ。

テレビはネットと違って正確なな情報を提供してくれる。

だけどテレビは、話が長い。

「本日の感染者は何人です」とだけ言ってくれればいいのに、町の様子とか、海外の様子とか、深刻そうな出演者の顔とか、不安を煽るような追加情報を延々と流している。テレビを見るなとは言わないけど、見る時間はある程度制限しないと、不安が増すだけだ。

そしてラジオ。ラジオも公共放送であるため、信頼できる情報を教えてくれる。

そして、ラジオのニュースは時間が短い。

局によって違いはあるけど、基本は1時間ごとに2~3分だけ。その中で4,5個のニュースが伝えられるわけだから、1つのニュースは1分以下。正確な情報が簡潔にまとめられている。

しかも、テレビのニュースと違い、同じニュースを繰り返したりしない。2時のニュースでいった内容は、3時のニュースでは言わない。常に最新情報しか流さないのだ。

ネット、ラジオ、テレビ、便利なメディアは数々あれど……「正確」「簡潔」「最新」の条件を満たすのはラジオの特性…。

おまけに天気予報と交通情報までついてくる。

災害においてラジオこそが最強のメディアだ!