オカルト!?ピースボートの船が海上で消滅した恐怖体験の噂と真実

海では科学の常識を超えたことが起きる。生活の痕跡は残っているのに誰もいない船、全員が何かにおびえるようにして死んでいた船、などなど……。そしてこれから話すのは、「海上でピースボートの船が丸1日消滅した」という、世にも奇妙な体験談。ただのオカルトなどではない。まぎれもない真実である。

ピースボートのだれも覚えていない1日

僕が乗っていたピースボート第88回クルーズ。108日をかけて地球を一周した。

ところが、11月21日、船がどこで何をしていたか、一切の記録が残っていない。

ピースボート88回クルーズは11月19日にタヒチの楽園、ボラボラ島を出発し、11月24日には最後の寄港地、サモアに到着した。

11月20日は間違いなく太平洋の南半球側を航海していたはずだし、11月22日も太平洋上にいた。事実、この日については船内新聞などの記録が残っている。

11月21日の記録だけがどこにもない。

記録がないだけではない。

記憶もないのだ。

11月21日だけ、誰も覚えていないのだ。

その日、船はどこにいたのか、船内で何をしていたのか、船内で何が起こっていたのか、

誰一人覚えていない。

僕自身、まったく覚えていない。

その日、ピースボートの船は完全に海上から消滅したのである。

そして、翌日、まるで何事もなかったかのように、再び姿を現した。

姿を消していた24時間もの間のことは、誰も覚えていない。

まるで「サンチアゴ航空513便」だ。

サンチアゴ航空513便とは、1989年にブラジルの空港に、35年前に消息を絶った飛行機が突然着陸した、という事件だ。中を調べてみると、なんと92人の乗客は全員白骨化していたという……。

サンチアゴ航空513便は帰ってくるのに35年もかかったが、ピースボートは1日で帰ってこれた。幸い、乗客は白骨にならなかったが、その間のことをだれも覚えていない。

いったい、どういう事なのだろうか……。

怪奇!ピースボートの船内は1日が25時間ある

この奇妙な謎を解くカギはピースボートの船内にある。

なんと、ピースボートの船内は1日が25時間あるのだという。

前々からピースボートについて、やれ左翼洗脳だのカルトだのピンクボートだの海上のビジネスホテルだの海上の老人ホームだの船室がまるで雑居房だの、怪しい噂がささやかれているが、もはやそんな次元ではない。そう、次元が違う。異次元だ。ピースボートの船内は通常とは時間の流れが違う、異次元空間なのだろうか。精神と時の部屋なのだろうか。悪の力が3倍になる魔空空間なのだろうが。

……おふざけはこのあたりにして、そろそろ種明かしをしよう。

国によって、地域によって標準時間が違う。だから、時差がある。

飛行機で旅をすると目的地の標準時に合わせて、飛行機の中でいきなり時計をずらすわけだ。「目的地のロンドンは日本より9時間遅いので、時計を9時間遅らせてください」といった感じに。

一方、船旅は一気に何時間も時計をずらすことはない。海の上でも港でも、今いる場所の標準時間に時計を合わせる。

船内には「時差調整日」という日があって、文字通りこの日に時差を調整する。前いた場所の標準時間との時差はわずか1時間。ピースボートの船はほとんどが西へ西へと進むので、地球上を西へ約1500万キロ進むと、標準時間が1時間遅れることになる。なので、時差調整日の深夜12時になったら、時計の針を深夜11時に巻き戻す。

結果、1日が25時間になるのだ。なんか、得した気分である。「わーい! 1日がもう1時間増えたぞ!」と、ちょっとだけはしゃぐ。

それを時差を乗り越える分だけ繰り返す。日本に帰ってくる頃には計、24時間分増えているわけだ。

ところがこのまま日本に帰ってくると、非常に困ったことになる。

例えば88回クルーズが帰ってきたのは12月6日なのだが、ピースボートの船内のカレンダーは12月5日になっているのだ。

このずれを直すため、日付変更線をまたぐタイミングで、丸一日無かったことにするのだ。24時間増えちゃった分、24時間消すのだ。これを「消滅日」という。なんだか、ツタヤで借りられるSF洋画の日本版タイトルみたいだ。

88回クルーズでは11月21日が消滅日、つまり、なかったこととなった。

「日本時間11月21日」なら、たしかにピースボートの船は存在していた。だが、「船内時間11月21日」はどこにもないのだ。

これが、「ピースボートの消えた1日」の真相である。

ちなみに、サンチアゴ航空513便の真相であるが……、

あれ、ただのホラ話である。ハイ終了。

不可思議!ピースボートは同じ1日を繰り返す……

以上は、「西に向かっていった時」の話である。

勘のいい人なら、もう気付いているだろう。

東に向かっていったら、逆の現象が起こる。

時差を乗り越えるたびに、1時間ずつ減っていく。1日23時間。なんだかちょっと損した気分だ。

そして、日付変更線を乗り越えると、

そう、昨日と同じ1日を繰り返す。

みんな大好き、タイムリープである。

神秘!タイムスリップするピースボート

船内で新年を迎える冬クルーズではこういうことをする、らしい。

大みそかの夜、日付変更線をまたぐ形で、船を南下させるというのだ。

つまり、船の真ん中を日付変更線が貫く形になる。

すると、船の片側は新年、船の片側は前の年、という状況が発生する。

船の右から左を行ったり来たりするだけで、新年と前の年を行ったり来たりできるわけだ。まさに、夢のタイムスリップである。

投稿者: ノック

民俗学ZINE作家。 「バズらないモノづくり」をテーマとする「ノンバズル企画」を主宰。民俗学専門ZINE「民俗学は好きですか?」を企画・執筆・製本・販売しています。「民俗学とは『生きること』を探求する学問」をテーマに、民俗学の魅力をわかりやすく、面白く、奥深く紹介していきます。

「オカルト!?ピースボートの船が海上で消滅した恐怖体験の噂と真実」への3件のフィードバック

  1. 来年の101回も、同じ辺りで日付変更線を越えます。
    尚、モロッコは今年の10月から、標準時である冬時間が消え、一年中夏時間、赤道を越えると夏時間と冬時間の時期も逆転します。
    調べるとおもしろいですね。

  2. 僕も92回のクルーズに乗船するとき、一番最初に調べたのは時間でした。
    知り合いの、内航船の船長さんに、教えてもらいました。
    正確な時計や経度、時差などの決めは、航海に於いて自分の位置や船の速力を求めるための方法として、考えられ発達しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です